適切な中国語方言の選び方
マルチマーケットスポットライト

中国語翻訳・ローカリゼーション: 適切な中国語方言の選び方

マルチマーケットスポットライト

中国語翻訳・ローカリゼーション: 適切な中国語方言の選び方

中国語への翻訳やローカリゼーションは一筋縄にいかないことがあります。中国語に詳しくないと、ターゲットオーディエンス向けにどの方言に翻訳すべきかわからないことがよくあります。この記事ではそれぞれの方言と、それらがいつどこで使用されているのか、中国語への翻訳の際の最適な方言の選び方について解説します。さらに、中国市場向けのローカリゼーションに関心をお持ちの方に有用なアドバイスも提供します。

中国語の方言の数

中国語方言について議論する際、まずはじめに、中国語には中国のさまざまな地域や、台湾、香港、シンガポールをはじめとする中国語圏の国や地域ごとにいくつもの方言があり、それぞれ話し方や書き方が異なることを理解することが重要です。アメリカ英語とイギリス英語、南米とカスティリヤのスペイン語などの他の言語の方言と異なり、中国語では方言が異なるとお互いに全く理解し合えないことが多々あります。

北京語は中国で主に使用されている方言で、シンプルな漢字が使用されるため通常簡体中国語と呼ばれています。中国の国外で目にする中国語は北京語である可能性が高く、中国語について詳しくない人が中国語というと、ほとんどの場合は北京語のことを指しています。一方、広東語は日常会話に広く使用されている方言ですが、より複雑な漢字を使用するため読み書きには広く用いられていません。これらの主要な方言に加え、中国には閩、客家、上海語など、各地域で使用されているマイナーな方言がいくつもあります。

もちろん、中国語は世界で最も多く使用されている言語の一つであり、約 13 億人のネイティブスピーカーがいて、その多くは中国以外に住んでいます。中国語のコミュニティは世界中にありますが、香港、マカオ、台湾、シンガポールなど、アジアの多くの国や地域の標準語にもなっています。

シンガポールでは中国本土と同じ簡体の標準語、北京語が使用されています。香港とマカオの人々は広東語を話します。台湾では北京語を話します。ただし、これらの国や地域のすべてで読み書きに使用されているのは繁体中国語です。しかし同じ文字が使われているものの、スペインとメキシコでスペイン語の表現が異なるのと同様に、地域ごとに文語表現は異なります。

当然ながら細かく見ればさらに状況は複雑で、他にもあまり使用されていない方言や特殊な文字など、中国語圏の地域ごとに異なる言語の要素がたくさんありますが、このように大まかな状況を把握したうえで、次の疑問について考えてみましょう。

どの中国語方言に翻訳すべきなのでしょうか

中国語翻訳・ローカリゼーション

お察しの通り、この疑問の答えはターゲットオーディエンスによって異なります。翻訳に最も多く使用されている方言は、中国本土の人々が読んで理解できる簡体中国語です。中国市場への参入を検討している企業がウェブサイトやマーケティング素材、製品説明、法的契約、その他アセットを翻訳すべき言語は簡体中国語です。ビザ用の身分証明書、ベビーシッターや家政婦の求人広告、はたまたラブレターなど (この種の翻訳も承ります!)、中国本土で使用される個人書類の翻訳にも同じことが言えます。もちろん、個人的な翻訳では稀な地域方言を使用しなければならにこともありますが、ビジネス目的であれば簡体中国語に翻訳するのが賢明です。

しかし、台湾や香港で事業を展開する場合は、繁体中国語が最適です。前述の通り、繁体中国語と簡体中国語は基本的に異なる言語のため、対象の市場やオーディエンスに適切なものを選ぶことが重要です。香港では主に広東語が話されている一方で、ビジネスでも個人でもほとんどの翻訳やローカリゼーションプロジェクトに適切なのは繁体中国語です。広東語翻訳は書き出しや、身近なオーディエンス向けの非常にカジュアルな会話形式の翻訳など、稀なケースにのみ使用されます。

中国語はシンガポールの公用語で非常に広く使用されていますが、シンガポールでのビジネスの多くが実際には英語で行われており、国民のほぼ全員が英語を話します。そのため、シンガポール市場のみをターゲットにしている場合、翻訳よりも英語のコンテンツのローカリゼーションが需要になります。

中国語ローカリゼーションに関するボーナスアドバイス

中国市場は大きな可能性が秘められた広大な市場で、国際企業の事業拡大における主要ターゲットとなります。中国市場への進出を検討している企業に向けて、適切な方言への翻訳以外にも、いくつか中国向けのローカリゼーションに役立つボーナスアドバイスをご用意しました。

1. ティア 1 都市から始めましょう – 中国市場は GDP や人口などの基準に基づく都市のティアシステムで分けることができます。中国で成功するには、まず北京や広州、上海、深圳などのティア 1 都市から始め、次に成都や杭州のような新しいティア都市、そしてティア 2 の都市へと範囲を広げていきます。これらの都市部をターゲットにマーケティングを行い、配送システムを整え、ビジネス街やショッピング街にオフィスや店舗を開きましょう。

2. 中国での業界の成功確率を調査しましょう – 中国で大きな成功の可能性がある業界には、ゲーミング、ファッション、e コマースなどがあります。実際に、Asialink Business によると、中国の e コマースの売上は、国内 GDP の 3.2% を占めています (米国では 2.7%)。6 億 3,200 万人のインターネットユーザーがいる中国では、e コマースブームにより企業が最低限の物理的投資で大きな成功を収めることができます。これらの地域のいずれかでビジネスが失敗したら、競合他社を調査して、ローカリゼーションにより中国で新たな顧客ベースを獲得する方法を探りましょう。また、この難しい市場に参入する前にその業界にチャンスがあるかどうかを確認することも重要です。

3. 適切なソーシャルメディアとロケーション SEO を活用しましょう – 広告やウェブサイト、製品説明を中国語の適切な方言に翻訳したところで、それらによりブランドの情報やメッセージが中国語圏のオーディエンスに確実に伝わるようにしなければ意味がありません。香港や台湾をターゲットにする場合、中国本土で制限がかけられているウェブサイトやアプリでもこれらの地域では利用可能なため、ローカリゼーションがはるかに容易になります。しかし中国の消費者をターゲットにする場合、Facebook、Google、YouTube、その他西洋で使用されているほとんどのサイトは使いものになりません。中国で最も広く使用されている検索エンジンは Baidu なので、中国語の広告はこのサイトに載せる必要があります。さらに、ローカルキーワードサーチを行い SEO を改善し、Baidu での SERP を上げる必要があります。また、「禁じされた言葉」を使用して中国政府から制限をかけられないように、コンテンツを調整することも重要です。

ソーシャルメディアでは、WeChat が中国のフォロワーや顧客を集めるのに最適です。WeChat は、Whatsapp、Facebook、Instagram、Paypal、Zoom、ゲーミングなどのありとあらゆる機能が揃った中国のサイトで、このサイトでの宣伝は企業にとって必須です。Weibo は中国第 2 規模のソーシャルメディアプラットフォームです。Twitter と似ていますが、文字数に制限がありません。そしてもちろん、中国の Douyin として有名な Tik Tok も最近非常に話題になっています。中国のオーディエンス向けにソーシャルメディアのコンテンツを翻訳・ローカライズするだけでなく、実際にユーザーの目につくようにすることが大切です。

中国市場への参入はとても大きな挑戦になりますが、適切に行えば大きな見返りが得られます。BLEND のネイティブの中国語エキスパートたちが、中国や中国語圏の地域のオーディエンスを魅了できるよう、企業のあらゆる素材の翻訳・ローカリゼーションをサポートします。

ローカリゼーション開始の準備はいいですか?
始めましょう

You may also enjoy

お問い合わせ

新たな海外市場に自然に溶け込む手段をお探しなら、どのローカリゼーションサービスが最適か、今すぐ BLEND の担当者にご相談ください。